看護師転職の際のちょっとした注意

http://kango-shi.jp/看護師年収高額求人ナースサーチ.html

今現在看護師転職をご検討なさっている場合に、ちょっした知っておいて損のない注意というものがあります。ですから、今回はその注意についてできるだけわかりやすく皆さんにご紹介させてください。

その注意とは、看護師転職サイトを利用する際の注意となります。看護師転職サイトは多くの求人を見るという事ができ、非常に便利ではあるのですが、同時に多くの人が同じ求人を見ているという事は忘れないようにしましょう。特に大手で利用者の多い転職サイトの場合には、その分ライバル数も多く、良い求人が多くてもその取り合いになってしまうという事が少なくありません。

ですので、転職サイトで見つけた求人はできるだけ早く応募をするですとか、しっかりと準備をして他の人に負けないように面接では気をつけるですとか、そういった事が必要になってくると言えるのではないでしょうか。

これから転職をなさるおつもりのある看護師さんは、これらのちょっとした注意点をしっかりと気をつけるようにしましょう。そうすればきっと成功する良い転職ができると言えるのではないでしょうか。これらの事が、看護師の方々にとって、少しでも役に立ったり参考になってくれれば、とても嬉しく思います

四ツ谷の「ポール」大好き

東京四ツ谷にあるドライフラワーやリボン、アートフラワーや花器などの卸問屋さんに行ってきました。

ちょうど会員証の期限が切れるところだったので、会費を払って期限を一年延長してもらわなくてはならないのでした。

午前中は、おじいさんおばあさんたちに混ざって、新宿あたりをウオーキングして、午後からは四ツ谷。

ウオーキングでお腹がすいていたので、四ツ谷の駅にある「ポール」でランチをしました。

「ポール」は美味しいパンが食べ放題なのです。

お腹がすいていたので、ランチプレートがテーブルに到着する前にパンのかごはほとんど空っぽとなり、

ウエートレスのおねえさんは、親切にもおかわりのパンかごを持ってきてくれました。

気がきく~。

ランチプレートの美味しいこと。

紅茶はポットでサービスしてくれるのでたっぷり飲めます。

いつも並んで待つのですが、今日は待ち時間も短くて、腹ペコさんに優しかった「時の神」でした。

ケーキも食べたかったのですが、もうランチプレートでおなかはいっぱい。

ケーキは次回にいたします。

 

買い物とぶらぶら散歩と時間つぶし

ダイエットのために歩いて街まで行く。

スーパーでカミさんから頼まれた食パンとバターロールとサンドイッチを買う。

宝くじ売り場で宝くじを買う。当たりますようにと姉さんが言ってくれた。

本当に当たらないかな。

 

その後暇なので、いつものパチンコ屋にはいる。

缶コーヒーを買って、ベンチに坐って、買ってきたサンドイッチを食べる。

お昼時なのに、食べている人はいない。

皆食事抜きでパチンコに熱中している。

お腹がすかないのかと気になる。

その後一服する。

 

器量のいい知り合いのおばさんがやってきた。

今日はどうですかと聞くと・・・まだ出ないとか。

熱くならないようにと言っておく。

そうね、お互い年金生活だからねと。

 

一服後、いい台を見つけに、一回りする。

余り皆出していない。今日は出さない日かも。

掃除のパートのおばさんがいた。

あいさつをしておく。出ていなかった。

今日は駄目だよと。

 

私も適当なところに坐って、打ち始める。

やはり出ない。

小1時間粘るも駄目。

缶コーヒーを買って、おばさん2人にプレゼントする。

きょうは駄目だねと。

こういう日もあるから、いい加減に引き上げた方がいいかもと。

またこ1時間やる。

いったん出てきても、飲まれてしまう。

今日は駄目だと諦めて帰る。

 

駅のバス停で待って、バスで帰る。

今日は遊ばしてもくれなかった。

 

 

 

バイオ7には凄く期待してる

1,2,3でサバイバルホラーというジャンルのトップに躍り出て、4で革新的なゲームを作り出したものの、5,6でん?と言わざるを得ない微妙な出来だったバイオシリーズ。

ただ7にはものすごく期待しています。

なぜなら、リベレーションズで怖いバイオというのを少し取り戻してきたからです。

 

さすがに6作、派生作品もいれるとそれ以上の本数をやっていると、多少の仕掛けではビビりもしなかったのですが、リベレーションズはかなり怖かった。

久々に探索しないといけないけど、探索したくないという初期のバイオのような感覚を取り戻した感じがしました。

4もそういうところはあったけれど、どっちかというと戦闘が楽しくでしょうがなかったから、怖いバイオは久々だったわけです。

好評だったらしく、2の製作も決まったリベレーションズの怖いエッセンスを本編に逆輸入できれば、ちょっと評価の下がったバイオも一気に取り戻せると思います。

第1作がでてからもう15年くらいたつのかな、マンネリになったシリーズに、再び怖さという重要なファクターを取り戻すのを期待しています。

キックスターターのテーブル脚を見て

万力で固定することによってどんなサイズの天板にも使用できるテーブル脚というものがキックスターターにあった。

これ絶対に似たものがあるよねと探してみるとまあ一応似たようなものは沢山あった。

ただ、見つかるほぼ全てが天板に固定しなければいけないので、まあ新しいといえば新しいのかなあ。

 

複数個買うと超長い1枚板でもテーブルとして使えるので、そういう機会があるひとにはいいのかな。

例えば折り畳みテーブルを沢山持ち込まないといけないような場所とか。

家で使う限りは普通の長テーブル買うか作るかしたほうが便利かなと思う。

万力で固定するだけってことはうまく取り付けないと横への動きに弱そうだし。

 

DIYでテーブル作ると安いものなら3000円あれば出来るみたいだし、この脚だけで17000円っていう値段もネックだなあ。

というわけで、興味はあったけれど、追いかけることはやめました。

同じ値段でかなり丈夫な脚があったので、どうせならそちらを買って頑丈に仕上げたほうが後々便利だしね。

 

材料さえ買えれば簡単に作れるんだけど、まずうちでは材料を買ってどう運ぶかが最大の問題だったりします。

結局どこで買っても家まで届けてもらわないといけないのが一番のネック。

通販だとしゃれにならない送料だしね。

映画「Ladies and Gentleman」

この作品は1972年の映像ですから、まず音声にステレオ感が乏しい。もしかしたらモノラルを擬似ステレオにしたのではないかと感じました。ラストのエンドクレジットで、飛行機だかオートバイだか分からないけど爆音が場内を回るところが際立ったステレオなだけで、あとはステレオ感がほとんどありません。これは、擬似ステレオという事実を隠すためにつけくわえた音だと推測します。

またライブ映像なので、フィルムに映った映像は全体的に暗く、それこそブルーレイであろうが普通のDVDであろうが大差ないのではないかと思うほど。また、もともとが35ミリで撮影しているので、フィルムの欠点であるコマズレ、キズというものと、先に述べたビデオ特有のノイズの、両方が現れるという欠点があります。←キズに関しては、具体的には感じないほど修復してあります。

いちばんの問題だった、“走査線が見えるのでは”という危惧は、とりあえず大丈夫だったといっておきます。

つまり字幕のあたりに走査線のような雰囲気が少し見えるけれど、映画鑑賞という行為を妨げるほどではない、ということです。

明日はドキドキ

本日は稲刈りを行っていました。わが家では毎年体育の日に合わせて稲刈りをすることが多いのですが、今年は来週には家族での用事があるために一週間早まりました。

本来であれば、今日と明日で刈り終えて、乾燥機に入れてしまってという具合にするのですが、今回は何と、台風が近づいています。

今はまだ、外も穏やかですが、どうも場所によっては明日からすでに雨が降るようです。

なので半分だけ行って後はほったらかしの状態です。次はいつできるのかわかりませんが、そのままで置いておくようです。

そして何より、自分は明日は稲刈りがあったとしても参加できませんでした。なぜなら明日はマラソンに行く予定になっているからです。

しかし、そのマラソンの方もこのまま台風の影響で雨が降り出してさらにその降り方が危険なようだと中止になることも考えられるようなので明日の朝に起きてみたいとなんとも言えません。

寝て起きてのお楽しみな状態になってきているので色んな意味でドキドキです。

ベランダで野菜を育てています!

最近、家庭菜園をしています!

 

いま育てているのはミニキャロットとラディッシュです。

前はリーフレタスを育てていました。

 

家庭菜園というか、ベランダ菜園なんですけどね!

マンションなので。

 

こういうベランダ菜園を出来る専用のキットがありまして。

土も種もプランターも付いてくるので、手引書に添って植えれば楽勝です。

 

間引きのタイミングとかがイマイチよくわからないんですけど、パンフレットには画像も載ってるので初心者でも安心してできます。

 

もったいないので、間引いたミニキャロットの葉っぱとかも調理して食べましたけどね!

 

来年はミニトマトとかも植えたいな?。

虫がつかないか心配ですが…。

 

あと、サツマイモも育ててみたいです。

小学生の頃に、米袋に土を入れてサツマイモの苗(?)を植えて育てたんですよ。

 

たぶんどこの学校もやってると思いますが…。

 

あれを思い出して、なんか久々にやってみたいなーなんて思ってみたりしました。

 

サツマイモできたらスイートポテト作りたいな?!

宅配弁当ってどんなのかな?

最近お昼作るのがすっごいめんどくさいんですよね。

 

一人暮らしなんですけど、何かいい方法はないかと思いまして、いろいろ考えた結果「宅配弁当」なんてどーかな??なんて思って探してみました。

 

宅配弁当。

かっこ良く言うと、デリバリーですね。

 

500円くらいでお弁当を届けてくれるサービスがあるそうなんです。

 

で、探してみました。

 

田舎のせいかほとんどヒットしませんでした!!

 

やっぱりこういうのって都会のほうがいいんだろうなぁ?。

在宅でお仕事してるので、納期が重なって修羅場ってる時は買い物に出る時間すら惜しいので、宅配サービスって便利だなって思うんですけど。

 

田舎は物価も安いですがサービスも限られているので、何事もメリットデメリットはあるものですね!

 

そういえば宅配弁当を検索してたら、なんだか3000円くらいのたっかいお弁当を配達してくれるのを見つけました。

 

こういうのは会社で頼むとか、なんか女子会のときに頼んでみんなで食べるのがおいしいんだろうな…1人だと寂しい。笑

映画「いろはにほへと」

中村登監督、伊藤雄之助、佐田啓二主演の、1960年松竹作品です。

これは1959年11月にテレビドラマとして放送したものを映画化。僕はこれをテレビで見ています。でも、夕方見た覚えがあるので再放送です。

本放送のころには、まだ家にテレビがなかったんです。

そして珍しく、劇場で本作品を見ています。併映が「番頭はんと丁稚どん」ですから、「いろはにほへと」を目当てに見に行ったのは明らかです。

物語は、警視庁捜査2課の松本刑事(伊藤雄之助)が、個人から資金を集める匿名組合を結成し、派手な宣伝と高金利で70億円という巨額の資金を集め、銀行以上の投資を実行していくウラを捜査する、というものです。匿名組合の理事長を佐田啓二が演じています。

今回感心したのは、シネスコ画面がなかなか現代的なシャープさを持っていることです。

画面に現れる風俗は昭和30年代かそれ以前なのですが、この映像は現代でも通じるシャープさを持っています